糖質制限で痩せない3つの理由と対処法

投稿日:2017年9月1日 更新日:

疑問

「糖質制限してるのに痩せなくなったんだけど、停滞期?」
「糖質制限してみても0.2kgしか痩せないんだけど、私に合ってないのかな?」
糖質制限を始めてみたものの、0.2kgのような誤差程度しか減らなくて困っていました。
食生活はすごく変わったのに、数字にも見た目にも出ないので、もうやめようかとも。
でも酵素を使うと、糖質制限で痩せない原因に働きかけて、痩せやすくしてくれるんです。
ここでは、糖質制限で痩せない時の原因と対処法を紹介していきます。

停滞期?糖質制限で痩せない理由と対処法

糖質制限で痩せない、エネルギーが燃えにくくなった体

燃やす

糖質制限で痩せなくなってしまう理由の1つ目は、エネルギーが燃えにくくなっていること。
エネルギーが燃えにくくなる原因には2パターンあります。

  • これまでのダイエットのため、もともと体がエネルギー節約モードになっていた
  • 糖質制限をしてるのにタンパク質や脂質もあまり摂れていないために体が節約モードになった

これまで食事制限ダイエットを繰り返してきていると、体が「今は食べ物がないんだ、エネルギー貯めておかなきゃ!」と、エネルギーを節約して生活するモードに入ってしまいます。
すると、日常生活の中であまりエネルギーが燃えないので、痩せにくくなります。

タンパク質・脂質まで控えめにすると

糖質制限ダイエットは、糖質を制限することで、脂肪を分解してエネルギーにするようにするダイエットです。
ところが、糖質を制限した時にタンパク質や脂質まで控えめにしてしまうと、急にカロリーが減ったので体がびっくりして「今は食べ物がないんだ、エネルギー貯めておかなきゃ!」と、エネルギーを節約して生活するモードになってしまいます。
さらに、タンパク質を減らすと筋肉が減ってしまいます。筋肉は体の中でもエネルギーを使ってくれる場所なので、それが減ることでますますエネルギーが燃えにくく、痩せにくくなります。

どちらも、改善のポイントは節約モードを体にやめさせて、きちんとエネルギーを燃やす体にすることです。

まず、糖質制限中にタンパク質や脂質まで控えてしまっている場合は、タンパク質と脂質を摂るようにします。
でも、一度節約モードになってしまった体は、なかなか切り替わりません。
そこで、摂るといいのは酵素です。

酵素がエネルギー燃焼を補助すると

酵素には、エネルギーを燃やすのを補助する働きがあります。
酵素を毎日十分に摂っていれば、エネルギーが燃えやすくなって、体の節約モードを打ち破ってくれます。

酵素は生野菜や生魚に含まれますが、ダイエット中に摂るなら酵素ドリンクがおすすめです。
何十種類もの果物や野菜、野草、海藻などが配合されているので、たくさんの種類の酵素を摂れます。
他にも、この後の記事で触れますが、糖質制限でなりやすい便秘に対処できるなど、糖質制限の弱点を補う働きがあります。
糖質制限ダイエットで痩せない!という人は、酵素ドリンクを飲むことを考えてみるといいですよ。

糖質制限で便秘になって痩せないなら、酵素で腸内環境アップ

便秘

糖質制限で痩せない理由の2つ目は、便秘。
糖質制限をすると便秘になる人が70%もいるとされています。
便秘になると体の中に不要な物質が貯め込まれて、循環が悪くなり痩せにくくなります。
糖質制限の便秘には、酵素で腸内環境をアップさせるのが効くんです。
詳しくはこちらの記事で特集しているので参考にしてみてください。

糖質制限で便秘した時、酵素を摂るといい理由2つ

糖質制限で食べ過ぎて痩せない場合も酵素ドリンクが使える

乾杯

糖質制限で痩せない理由の3つ目は、糖質を食べ過ぎてる場合。
「糖質量を計算するのは面倒だし、適当にご飯抜いておけばいいよね」
「仕事の関係で外食がちで、糖質制限を守るのは難しいんだよね…」
ということって多いですよね。
でも、酵素ドリンクで1食置き換えをすると、残り2食の糖質制限がとても簡単になるんです。

糖質制限にも、厳しいスーパー糖質制限や、比較的緩やかなスタンダード糖質制限、それと同じくらいの緩やかさの「ロカボ」などがあります。

  スーパー糖質制限

スタンダード糖質制限

ロカボ
糖質量/日 60g 80~120g 70~130g

スーパー糖質制限だと1日60gに糖質量を制限しますが、この方法は第一人者の桐山秀樹さんという方が突然死して以来、健康への影響が疑問視されている部分があります。
現在の主流は、1日80~120gに糖質を制限するスタンダード糖質制限、または1日70~130gに制限するロカボと呼ばれる方法で、主食も少しは摂りながら無理なく糖質を減らす方法です。こちらは、健康への影響もなく、緩やかに体重を減らせると評判ですね。
ただ、仕事の関係で外食が避けられなかったり、糖質量を計算するのが面倒で適当にやっていたりすると、これでもオーバーしてしまったりするんですよね。

ここで、1食を酵素ドリンクに置き換えます。
酵素ドリンクの糖質は、1日分で10g程度。
スタンダード糖質制限やロカボでも、1食あたり20~40gの糖質を取っていますが、これ1食が酵素ドリンクに置き換えられて、減ります。
すると、残り2食で摂っていい糖質量は60~120g。

1食置き換えした場合の1日の糖質量内訳
残り2食は、摂っていい糖質量の幅が広がるんです。
計算が多少ドンブリ勘定でも、1食外食で糖質をたくさん摂ったとしても、これだと制限を守りやすくなります。
ビタミンやミネラルなど、必要な栄養素も補給できて、健康的に痩せられますよ。

糖質制限でむくみが出たなら酵素ドリンクで解消

むくみ

糖質制限で痩せない理由の4つ目は、むくみです。
糖質制限中のむくみは、2つの理由で出ます。

  • 塩分の摂りすぎ
  • 糖質制限により体が酸性に傾いたため、アルカリ性に戻そうとしてむくみが出る

糖質制限中はおかずをたくさん食べることになるので、おかずの塩分が多くなりがちです。
体に塩分が多くなると、塩分を薄めるために体が水をたくわえます。
それでむくんでしまうんです。

また、糖質制限にはもともと、体が酸性になりやすいという弱点があります。
これは、肉食が多くなることと、脂肪を分解してエネルギーにする時に出る「ケトン体」という物質が体を酸性にするものだからです。
体が酸性になると、本来の弱アルカリ性に戻そうとする力が働きますが、この途中で、血液から細胞に水分を多く渡すことになるので、むくみが出てしまうんです。

この糖質制限の弱点を補ってくれるのが、酵素ドリンク。
酵素ドリンクはアルカリ性なので、酸性になった体をアルカリ性に戻す手助けをしてくれます。

アルカリ性
体をアルカリ性に戻したり、むくみを解消したりするには、野菜や果物など植物を多く摂るといいのですが、酵素ドリンクは何十種類もの植物が使われている、アルカリ性のドリンクなんです。
発酵させることで、より体に吸収されやすくなっていますから、むくみ解消のほか、糖質制限中の健康を守る意味でもオススメです。

ここまで見てきたように、糖質制限で痩せない原因にいちいち対処する働きがある酵素ドリンク。
そもそも、糖質制限中に酵素ドリンクを飲んでいいのでしょうか?
次で見ていきます。

糖質制限中に酵素ドリンクを飲んでいいの?

果物

糖質制限中に摂るとなると、心配なのが糖質量ですね。
でも、酵素ドリンクの糖質量は1日分で10g程度。
甘みも、糖質制限で推奨されている天然甘味料のエリスリトールを使う酵素ドリンクがあったり、糖質制限とマッチするよう工夫されています。

酵素ドリンクには上で見てきたように、糖質制限で痩せない時の原因に対処する働きがあります。
さらに、糖質制限で推奨されている通り、血糖値を上げないためには、サポニンの多い原料を使っている酵素ドリンクがおすすめです。
サポニンは、血糖値を下げる働きがあると科学的に証明されている成分です。
こういう原材料を使ったドリンクなら、10gの糖質を摂っても、血糖値を上げずに糖質制限のサポートをしてくれるという利点が大きいですよね。

サポニンは次のような食べ物に多く含まれています。

サポニンの多い食べ物
高麗人参、アマチャヅル、アマドコロ、山芋、キキョウ根、スギナ、ナツメ、ニンドウ、ビワの葉、ラッキョウ、紅参、パフィア、アニス、小豆、大豆、ユッカ、キヌアスプラウト

自分でこういう食べ物ばかり食べるのも難しいですから、こういう原材料を使った酵素ドリンクを使うのがおすすめです。

まとめ

  • 糖質制限で痩せない原因は、体が節約モードになっている、便秘、糖質の摂りすぎ、むくみの4つ
  • 4つのどの原因にも、酵素ドリンクで対処できる
  • サポニンの含まれた酵素ドリンクを選べば、血糖値を上げないのでより糖質制限のサポートになる

上のことを頭に入れて、酵素ドリンクを選んでみてくださいね。

-効果

Copyright© おすすめ酵素ドリンクランキング , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.