リバウンドしない!糖質制限をやめても太らない対策2つ

投稿日:2017年9月6日 更新日:

糖質制限をやめる

「糖質制限が終わったらリバウンドしちゃって…もう一度糖質制限始めたけど、一生やめられないの?」
「ご飯を食べたらリバウンドしそうでずっと続けてるけど、もう一生ご飯やケーキは食べられないのかな…」
糖質制限をやめるとリバウンドしてしまって、怖くてやめられなくなっていました。もう一生やめられないのか、ご飯や大好きなケーキも食べられないのかと暗い気持ちになって、ダイエット自体挫折しそうになったり。
でも、糖質制限をやめた後の過ごし方で、リバウンドしないで糖質制限をやめられるんです。
ここでは、糖質制限をやめた後のリバウンド防止対策を紹介します。

糖質制限のリバウンド防止には制限でなくコントロール

糖質

「糖質制限をやめたから、もう好きなだけご飯食べていいよね!」
「糖質制限終わり!よーし、ケーキ食べちゃうぞー!」
目標を達成して糖質制限ダイエットが終わると、つい、今まで制限していたものをいろいろ食べたくなってしまいますよね。
でも、糖質制限をやめた後は、制限ではなくコントロールする時期が必須なんです。
糖質制限をやめた後リバウンドしてしまうのは、糖質に対して体が飢えている状態で、コントロールせずにどんどん糖質を食べてしまうから。
これをしてしまうと、体が糖質をどんどん蓄えて、ふたたび脂肪にしてしまいます。

糖質制限をやめた後は、段階を踏んで糖質を増やしていく大事な時期。
どうすればいいか見ていきますね。

糖質制限をやめる時はコントロール期間が必要

手綱

糖質制限を続けて目標体重になった後、「よし!」と急にコントロールを手放してはいけません。
コントロールしながら、少しずつ糖質を増やしていくんです。

「日本人の食事摂取基準」を参考にすると、普段通りの食事で、女性に推奨される1日の糖質量はおよそ260g。
これまで1日70~130gの糖質を摂っていたなら、いきなり元通りの食事に戻すと、130~190gも糖質量が一気に増えます。
急激に糖質が増えると、一気に血糖値が上がって、インシュリンがたくさん分泌され、体に脂肪を蓄えてしまいます。
糖質の量は少しずつ増やして、体を慣らすようにしましょう。

糖質制限中と終了後の1日の糖質量

たとえば1日130gのゆるやかな糖質制限をしていたなら、まず150gまではOKにして、その状態で1週間は様子を見ます。
体重が増えてしまうなら、もう一度130gの制限に戻し、増えないなら、160gまでOKにする…
と、段階を踏んで増やしていきます。
日本人女性に推奨されている1日260gになったら、増やすのは終了。
これが正しい糖質量なので、どのくらいのメニューならこれを守れるか、1週間くらい食べてみて感覚で覚えます。
ダイエット前に糖質を摂りすぎてた!という場合は、ダイエット前の食事に戻すとリバウンドしてしまうので、ここで、正しい糖質量を覚えてくださいね。

糖質を摂りながら調整する維持期

維持

日本人女性に推奨されている糖質量、1日260gになったら、その糖質量で維持します。
「飲み会が多くて糖質を摂りすぎるんだけど…」
「ケーキが食べたいんだけど…」
という場合は、糖質を摂りすぎた食事の前後で調節します。
昼にケーキを食べたなら、夜糖質を減らしてトータルでだいたい260gに抑えます。
昨日飲み会で食べ過ぎたなら、今日明日の糖質量を減らして、数日分のトータルで合うようにします。
この調整を繰り返していけば、リバウンドしなくて済みますよ。

糖質制限をやめた後リバウンド防止するもっとも簡単な対策

酵素ドリンクを飲む女性

「リバウンドしないやり方はわかったけど、子育てしながらやるのすごく面倒なんだけど…」
「仕事は忙しいし飲み会は多いし、このコントロールかなり難しい…」
目標体重になるとモチベは下がるし、計算が面倒でなかなか糖質量のコントロールができずにいました。
でも、酵素ドリンクで1食置き換えをすると、糖質のコントロールが簡単にできるんです。

酵素は、エネルギーを燃やすのを助けてくれるので、糖質が増えた分を体の中で使って燃やしてくれます。
糖質制限後にリバウンドしないために、ぜひ取っておきたい成分です。
酵素が入った置き換え食にはスムージーなどもありますが、酵素の種類が少ない上、スムージー自体の消化に酵素を使ってしまいます。
ドリンク自体の消化に酵素を使わず、一番酵素の力を活かせる、酵素ドリンクで行うのがおすすめです。

酵素ドリンクは1日分でおよそ10gの糖質量。
外食など、糖質コントロールをしにくい状況でも、朝1食を酵素ドリンクに置き換えていれば、残り2食の糖質は制限がゆるやかになり、簡単に1日の糖質量をコントロールできるようになります。

置き換えで糖質量を段階的に増やす

たとえば、まず朝を酵素ドリンクで置き換え、残り2食は普通に食べます。
糖質量は、糖質制限中と1日トータルで10~20gしか違いません。
ちょうど、段階を追って増やす過程の1段階目になりますね。

これを1週間続けて慣れたら、朝食の糖質量だけを段階的にコントロールしていけば、残り2食は普通に食べていてもコントロールができます。
朝食だけ気を付ければいいので簡単です。

朝食に酵素ドリンクだけ→酵素ドリンク+糖質量の少ないおかず→酵素ドリンク+普通のおかず→酵素ドリンク+主食1/3+普通のおかず→酵素ドリンク+主食1/2+普通のおかず

という感じで、朝食だけ、体重が増えないかどうか見ながら少しずつ糖質量を増やしていきます。
体重が増えたら前の段階に戻って維持し、1週間は様子を見て、また次の段階に進みます。

これなら、面倒な計算からも解放されます。
糖質制限をやめた後、リバウンド防止する一番簡単な方法なので、やってみるといいですよ。

どの酵素ドリンクがいいか見てみる

まとめ

  • 糖質制限をやめた後は、コントロールしながら少しずつ糖質量を増やせばリバウンドしない
  • 糖質量のコントロールが面倒な人は、酵素ドリンクの1食置き換えを使うと、ラクに糖質量を管理できる

糖質制限は、目標体重に達した後、リバウンドせずに普通の食事に戻るところまでやって初めて成功します。
上の方法、試してみてくださいね。

どの酵素ドリンクがいいか見てみる

-効果

Copyright© おすすめ酵素ドリンクランキング , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.